FC2ブログ
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
スポンサー広告

谷間♪


谷間♪

年下の同僚と


聖水も普通よりもおもらしだ。


冷凍庫の中の「恐怖 !?」のコレクション


私を見て下さい




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
誠のお気に入りサイト

聖水も普通よりもおもらしだ。

jdurt.jpg

中○学生時代に好きな子が授業中にウ○コを漏らしてしまった。

僕は一番後ろの席で

彼女は僕の前の席

授業が終わるまで僕もクラス全員も知らんふりをしていました。

今でも『僕がウ○コ漏らした』とカバってやればよかったか

少し後悔しています。

ただ、誰も彼女を後から責めていなかったのが救いです。

・・・

僕は中○生までよく寝小便をしていました。

夢で便所に行く夢をみていました。





   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
誠のお気に入りの1枚

くちゅ くちゅ

僕は無理やり左手で彼女のパンツに手をやりました。

『もう、危ないでしょ!』

『危ないから、ちゃんと開いて』

なんやかんや言いながら彼女は足を開いていきます。

kkoiy.jpg


僕は右手にハンドル、左手は彼女のパンツ。

パンツが湿っているように感じます。

僕は左手中指を彼女のパンツの端から差し込んでいきます。

マンコの周りのシゲミをかき分けて中指が少しずつ進んでいきます。

『もう、危ないって!』

と言いながら、彼女は足をさっきよりも広げています。

中指がマンコのヒダヒダに到達すると

普段よりもヒダヒダが膨らんでいます。

『ちゃんと!運転して~』

中指がヒダヒダを超えると湿地帯が広がっていました。

『あ~だめだって~』

案の定、濡れていました。

loyuf.jpg


中指は彼女の湿地帯の奥深くへと進んでいきます。

どんどん中指が進んで行くと第一関節まで沈み込んでいます。

奥から泉のごとく湧き出ているのを感じながら僕は運転しています。

中指が湿地帯の中心部に差し掛かると

吸い込まれていくように第二関節までスルッと吸い込まれました。

『クチュクチュしてあげようか?』

『運転中だからやめて!』

『やめてもいいの?』

『も~う!』

『次のパーキングで仮眠するからね』




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
ありのまま恵子&誠の性生活

このアングルが最高!

os-16091715.jpg

僕がお尻フェチだと知っている恵子は

最近、バックの要求が増えてきています。




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
誠のお気に入りの1枚

あなたはSEXの時、電気は消しますか?

あなたはSEXの時、電気は消しますか?

たぶん点ける派でしょうね。

僕はもちろん明るくしてSEXをしています。

寝る時に消灯しますけどね。

僕の記憶ではバブル期以前は結構、

電気は消す派がいたように思います。

恥じらい派の女性が多かったように思います。

今でも初体験の時はそうかも知れませんが。

恥じらい派もいいのですが

やっぱり彼女の気持ちよさそうな顔を見たし、

彼女も見てほしいと思っていると思いますよ。

暗いより明るい方が絶対、楽しいですよ。

たまに改装もしていないラブホで部屋が暗いラブホがあります。

全灯しても暗い!

気分が暗くなってきます。

古くてもいいので明るくしてほしいものです。

ラブホのパネルで部屋を選ぶ時は、

せめて明るい部屋にしましょう。

暗いとホコリだらけの部屋ですよ。

なぜなら掃除する時も暗いんですから。

ol-16091714.jpg




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
誠の独り言

約1年ぶりです。

A=8点
B=9点
C=8点
D=8点
E=8点
F=50点
合計=91点 

京都市 西京区にある 『ラ○○○○ 』

ラ○○○○ (1)

ラ○○○○ (2)

2回目の利用になります。

前回来た時にメンバーになったのですが

来たのが約1年前だったので

メンバーカードがどれか分からなくなってしまいました。

現在は約30枚くらいのカードを持っています。

ラブホのメンバーカードにはあまりホテル名が書かれていないものが多いからです。

受付で30枚ぐらいのカードを広げて

『このホテルのカードはどれですか?』

と聞いてから入りました。

一見恥ずかしい事ですが

割引には代えられません。

あまり従業員と顔を合わせたくないと思いますが

僕はもう慣れてしまいました。

今日は次回の割引券を頂きました。

結構、サービスを受ける時がありますよ。

勇気を出して問い合わせしてみるといい事があるかも!




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
未分類

疲れてない?

連休に車中泊1泊、ラブホ2泊の3泊3日で福井県へドライブに行ってきました。

高速で行けば3時間も掛からない距離ですが、

時間を一杯使いたので日付の変わる夜中に出ました。

福井県手前のパーキングで仮眠する予定です。

・・・

tk-16082723.jpg


名神のサービスエリアでは24時間営業で軽食は食べることが出来ました。

後40~50分で仮眠予定のパーキングに到着予定のころ。

『疲れてない?』

恵子が僕の首筋を揉んでくれています。

『気の利く嫁だと思うでしょ!』

そうなんですが、

『来るぞ。来るぞ』

『ナデ、ナデ』

『大丈夫?疲れてない?』

『ほら、来たー』

お決まりのパターンです。

僕の股間をナデ、ナデしてくるんです。

hhyrt.jpg


気分転換や眠気防止の為にやってくるんですが・・・

このパターンに入った彼女のマンコはビショビショなんですよ。

お返しに僕は運転しながら左手で彼女の股間をナデ、ナデ。

『もう、危ないでしょ!』

あいにく彼女はズボンを履いています。

若い頃はスカートだったので無理やりスカートの中に手を突っ込んでいたんですが・・

『お腹、苦しいやろ?』

『苦しい』

『ズボン脱いじゃえば』

『触るつもりでしょ!』

『触ってあげるから脱いじゃいなよ』

彼女は本当にズボンが苦しいから脱ぎ始めました。

『お!今日はおにゅーのパンツや』




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
ありのまま恵子&誠の性生活

最近のラブホ事情

電マ、いわゆるバイブの総称。

私もこの歳になると電マの力を借りなければ彼女を満足させることが出来ません。

僕自身はマスターベーションで電マは最近使いません。

昔は結構使っていました。

若い時は結構、射精まで時間が掛かりましたので

電マの強力なバイブで射精に至っていたのですが、

最近はスグにイッてしまうので使いたくありません。

また、イクところを見られるのは恥ずかしいものです。

恵子はやたらと僕のチンポにバイブを当ててきます。

ただバイブを僕自身が使用しなけらば、射精をある程度コントロール出来るので

長時間SEXを楽しめます。

でも彼女にバイブを使用するのは、

気持いい顔でバイブする彼女に興奮するので手放せません。

必ずマイバイブを持ってラブホへ行きます。

・・・

数年前まで電マを常設しているラブホが非常に少なかったのですが

大阪近郊のラブホでは去年頃から7~8割方のラブホで常設しています。

マイバイブを使う機会がメッポウ減りました。

付き合い浅い彼女には使い難いかもしれませんが

使ってあげる方が彼女にとっても貴方にとってもイイこと間違いありません。

初めはバイブにコンドームを装着してやれば彼女はスンナリ受け入れてくれますよ。

応援しています。

vb-16090102.jpg




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク
category
誠の独り言


▲恵子&誠・TOPへ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。